スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【滞在213日目】迷える子羊(三十路男)

昨日のコメントに勇気付けられたので、正直に、今の心境を書きます。

ワーホリのために渡航直前にしていた仕事を辞めるとき、自分に
ワーホリをキャンセルしてその仕事を継続する、という選択肢は
有り得ませんでした。元々、その仕事に入る前から考えていたこと
でしたし、その仕事自体は好きだったけれども、その職場で一生
満足できるか、という自問には、Yesは100%なかったので。

それでも。
実際にワーホリで滞在している人たちを国籍に関係なくみていて、
果たして自分のワーホリという選択肢が正しかったのかどうか、
という疑問を感じてしまった、ちょっと弱気な自分がいます。
ここの工場で働く他国の人の大半にとって、ワーホリは出稼ぐための
手段でしかないようで、ハッキリ言ってお金さえ手に入ればあとは
どうでもいい、というような感覚なのを、常々感じます。

誤解を恐れずに書けば、弱気になった理由は自分にとって周りの
ワーホリ滞在者たちがあまりにも幼く、子どもに見えてしまうから。
そして、そのように幼く見える人たちと自分が、同等に扱われている、と
感じてしまうから、なんだと思います。
少し前までは、周りがそう見えることに戸惑いながらも、それが日本に
いる間に自分がした成長なのだろうと考えて、誇らしく思っていました。
いや、そう思おうとしていたのかもしれません。

もちろん、例え他人がどうであれ、自分さえ目標をしっかり持って
努力していれば、その体験が無駄になることはないはずだと思います。
他人とではなく、自分自身とさえ戦っていれば、成長はできるはず
ですから。

そう分かってはいても、ワーホリ≒遊びというイメージを
持っている人はいて、実際にそういう過ごし方をする人も多い。
「自分は違う」と自分では思っていても、他人はそう見てはくれない。
日本で積み重ね、磨いてきた自分を活かせている実感が持てないから、
他人から実際より若く見られ、そのように扱われることで、段々自信が
なくなっていく。要するにアイデンティティの喪失、なんですね。

同じ海外に行くにしても、大学に留学するとか、仕事で海外へ
赴任するとか、そうやって海外体験する人もいる訳で。
でも自分の置かれた状況では、そうした選択肢は取り得なかったし、
ワーホリだって、青年海外協力隊と比較した上で自ら決定した、
自分にとってベターな選択肢だったはず、だけれども。

しかし、自分のキャリア上、ワーホリの期間は世間的にブランクとして
みなされてしまうのではないか、という不安はありました。
安定を捨ててリスクをとった、と言えば聞こえはいいものの、
自分の感情に流されて、自ら自分の価値を下げているのではないか、と。
それならばいっそのこと、自分のキャリアや価値を会社組織に、他人に
評価してもらうのではなくて、独立や起業というカタチで、直接市場に
対して問えばいい、そんな風にも考えました。

こうした葛藤は、他人の意見に影響を受けやすく、不安を感じやすい、
自分の弱い部分なんだと自覚しています。まさに迷える羊そのものです。

周囲を見れば、不安になる。
かといって、見なければ、独り善がりではないかとこれまた不安になる。
どちらにしても不安になるのなら、結局それは自分に自信がないから
なのでしょう。

でも、それをさらに前向きに考えるのなら…
もし考え方が偏ることへの不安がセンサーのような役割を果たせば、
綱渡りのように、安定と不安定の狭間のような場所を微妙なバランスで
キープし続けるような、常にニュートラルな思考を保った生き方が
できる、ということかもしれません。
それはそれで、ものすごくエネルギーが必要な生き方なのでしょうけど。
そしてそれができたところで、社会や誰かにとって価値ある生き方か
どうかは分かりませんけど。

色々書きましたが、決してワーホリを後悔してはいません。
ただ、今、これからどうするか。
先のことをまた少し考え始めているところです。
スポンサーサイト

■ Comment

非公開コメント

プロフィール

T.Satoh

Author:T.Satoh


Tインフラ系エンジニア。
2年間のオーストラリアワーホリで
海外就労を経験後、日本で再就職。
将来は教育系ソリューションで
新規事業を手掛けてみたい。

※Twitter連携してます。
 ブログ更新履歴は
@ho_okがつぶやきます。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
FC2カウンター
Thank you for your access.
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。