スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【滞在149日目】ビジネスの視点で考えると。

実は今日、16時前には仕事終わって帰ってきました。
こんなに早くあがったのは初日以来始めてです。
今日の15時過ぎに、自分の作業がいつもより早めにひと段落ついたので、
さて、他の人の手伝いに回ろうかな、と思ったその矢先。
以前の記事で書いた女性のスーパーバイザーが、「You can go home! 」と
言ってきました。

定時でさえ16時。いつも18~19時くらいまで働いているので、
反応できるまでに一瞬の間を必要としました(笑)
さらに、「See you next week !!」と、「超」上機嫌で僕の横に回って
肩を組みながら、言ってくるんですよね。

そりゃあ機嫌もいいでしょう、土曜日はPay に割増が発生しますし、
さっさと仕事が片付いて残業なくみんなを帰せれば、工場としては
余計なコストをかけなくて済む訳ですから。

(そういう都合で現場の人の機嫌が左右されてしまうことも、学生には
 話せば理解できても、誰かに言われなければ分からないでしょうね…)

もちろん、そんな理屈抜きで、単純に早く帰れることを喜ぶ気持ちだって
あります。それは当のスーパーバイザーにしたってきっと同じことでしょう。
まぁ早く帰れるのは、諸般の事情で工場が生産量を落とさざるを得ない
状況にあってのことなんですが。

工場の外に出たら、何ともいい天気で明るくて、ちょっと感動。

で。

いつもの巡回コースでメールとWebをチェックしていたら、
面白い記事を見つけました。

 『日本のティッシュはなぜ安い? 業界標準EDIが実現する日本型SCM』
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100703-00000002-zdn_tt-sci

オーストラリアでも、食料品は安いけど、日用品や雑貨の類は日本に比べて
高価です。特に100円ショップがないのはイタいですね。

渡豪前から、日本の流通システムは優秀だと思っていたんです。
宅配便のサービスなら翌日午前には普通に届くし、たとえ田舎でもあちこちに
コンビニがあって24時間なんでも買える。土・日もほぼ変わらぬサービスを
提供する。

当の記事は化粧品・日用品卸での話ですが、これこそ業界改革ですよね。
ITの推進も大いにあったことでしょう。やっぱり、ツボを押さえてさえいれば
トップダウン式な改革や諸々の標準化は、効果が段違いだと思います。
渡豪直前にしていた仕事の所属部署が、流通関係の一部署だったこともあり、
こちらでの暮らしや自分の日々の興味関心と一致して、まさしく
『ひざを打った』記事でした。
スポンサーサイト

■ Comment

非公開コメント

プロフィール

T.Satoh

Author:T.Satoh


Tインフラ系エンジニア。
2年間のオーストラリアワーホリで
海外就労を経験後、日本で再就職。
将来は教育系ソリューションで
新規事業を手掛けてみたい。

※Twitter連携してます。
 ブログ更新履歴は
@ho_okがつぶやきます。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
Thank you for your access.
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。