スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昔働いていた会社が倒産してた

帰国後の就職先を探すにあたり、ベンチャー企業を色々検索して
みてましたが、やはり小規模組織だと、どうしても会社の実態や
経営状況が気になってしまいます。
会社のページでいいな、と思っても、実際の評判を検索してみると
あまり芳しくなかったり、色々裏事情がありそうだったり…。

で、ふと、自分が東京で2年半働き、結果的に社長と衝突して
辞めた会社がその後どうなったかを参考までに知りたくなって、
会社名を検索してみたら…想像以上の事態になってました…。
自分がその会社を辞めたのは、もう5年以上も前になるんですが。
日付を見ると、どうも自分がオーストラリアへ渡る直前に事業停止、
直後に倒産の報道がなされていたようで、負債は10億とか…。
(追記:計画倒産が疑われているらしいです。)

それだけにとどまらず、某掲示板では経営実態が暴露されていて、
社長や幹部の業務上横領、脅迫、背任行為、私文書偽造など、見るに
堪えない醜聞の数々が挙がっていました…。
(上記の犯罪に該当する、具体的な不正内容が書かれていました)

今までも、どうなったかな…まさか倒産してたりしないよな…なんて
思ったことがなかった訳ではなかったし、在籍中にも、コンプライアンスの
「コ」の字もない会社だなぁとは思っていましたが…まさかここまで
ひどいことになっていたとは。

どうやら自分が辞めて少し後には、かなり経営状況が悪化していた模様で、
自分がお世話になった上司もそれほど長くなく辞めてしまっていたようでした。

正直言えば辞めた後も、自分の下についていた新卒の若いスタッフ達のことが
気になって、辞めたことで気が咎めていた時期もあります。
自分もサラリーマンなら、もっと自分を抑えなければならなかったのか…
と悩んだこともありました。

でも、やっぱり、組織規模に見合わない無計画な新卒採用をする方が
おかしかったし、マトモな会社じゃない、と思って辞めたのは結果的に
間違ってはいなかったようです。
典型的な、「ブラック企業」だったんですね。

早く辞めておいて良かった、と思う反面、
あの人たちは今どうしてるだろうか…と気になりますね。
自殺や過労死してるような人がいないといいんだけど…。
スポンサーサイト

■ Comment

非公開コメント

プロフィール

T.Satoh

Author:T.Satoh


Tインフラ系エンジニア。
2年間のオーストラリアワーホリで
海外就労を経験後、日本で再就職。
将来は教育系ソリューションで
新規事業を手掛けてみたい。

※Twitter連携してます。
 ブログ更新履歴は
@ho_okがつぶやきます。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
FC2カウンター
Thank you for your access.
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。