スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

決定的瞬間を目撃。

日曜日の夕方のことです。
シティの中心、タウンホールのスーパーで買い物して帰る途中の
電車内での出来事。

タウンホールの次の、セントラル駅で停車した時、オージーらしき一人の
少年が自分のすぐ脇の通路にいて、通路両脇の座席の肩に手を掛け、通路を
塞いでいました。セントラル駅はターミナル駅なので乗降客も多く、
僕はこれから人が乗り降りするのに通路を塞いで、マナーが悪い奴だな、
位にしかその時は思っていませんでした。

また、自分のすぐ前の座席にはアジアンの女の子が座っていて、
iPhoneらしきスマートフォンを操作していました。

すると、次の瞬間。
その少年が、女の子の手からiPhoneを強引に奪い取り、猛然と
ダッシュし車内から飛び出して、駅のホームを駆け抜けて行きました。

iPhoneひったくりの瞬間でした。
女の子も電車のすぐ外までは走って追いかけ、捕まえようとしましたが
彼の方が素早く、僕の見える範囲では捕まえられずに逃げおおせた
ようでした。突然のことだったのでこちらも身動きできず、追いかけて
あげられなかったのが悔やまれます…。
周りの他の乗客も驚いていて、ただ呆然としていました。

今にして思えば、十代半ばに見えたその少年はあまりいい印象を受ける
風貌ではなく、いわゆるちょっとヤンキー風な感じでした。人相までは
覚えてなくて、せいぜい帽子を被っていたこと位しか思い出せません。
被害に遭った女の子は多分チャイニーズで、少しぽっちゃりしていて
サンダル履き、お世辞にもすばしっこそうには見えない風貌でしたから、
きっと標的になってしまったのでしょう。
駅の係員に被害を必死に訴えていたようでしたが、その後どうなったやら…。

ただし、携帯電話やスマートフォンには当然ながら個体識別番号があり、
GPSも内蔵されているので、設定によっては盗まれた後から居場所を
特定することもできます。
下記のようなエピソードもありますし、ネットでその手のネタは
検索すると結構出てきますね。盗難対策も出てますし。

 バーで盗まれた母親のスマートフォンを12歳の少年がGPSで発見 - GIGAZINE
 http://gigazine.net/news/20110118_12yrold_tracks_down_mums_stolen_phone/

盗んだ彼も、自分で使うつもりなら、回線を止められれば終わり
ですし、GPSで追跡されれば捕まる可能性も高まります。
浅はかとしか言いようがありません。闇市場に売り払うとしても、
たかだかiPhoneでいくらになるものか…。

その女の子が早めにAppleや警察に被害を届け出て、盗まれたiPhoneを
取り戻してもらいたいものです。

みなさんも、ひったくりや置き引きにはくれぐれも御用心ください。
領事館からのメルマガを見ていますが、そうした被害は多いようです。
他の国に比べれば治安のいいオーストラリアですが、それでもやっぱり
ここは海外なのだなぁと、改めて思いました。
スポンサーサイト

■ Comment

おひさしぶりです。
pullenvel小学校で一緒にスクールアシスタントを一緒にやっていた、ゆかです!
たまたま、ブログを発見しました!
いろいろ、あれから日々奮闘しているのが、ぶろからつたわってきて、勉強になりました( *`ω´)

もしよかったら、Twitterでこの、iPhoneのひったくりの事件リンクして貼ってもいいですか?
いま、みんな卒業旅行とかで、防犯意識高めてほしいと思ったんです!
よろしくお願いします。

No title

をぉぅ、誰かと思えばYukaではないですか!
元気でやってましたか?
海外への夢と大学の勉強は、順調ですか?

ひったくりの件、この記事で役に立つんなら
どうぞリンクしてやってください。

Yukaはきっと友達も多いでしょう?
みんなに注意を促してあげてやって。
非公開コメント

プロフィール

T.Satoh

Author:T.Satoh


Tインフラ系エンジニア。
2年間のオーストラリアワーホリで
海外就労を経験後、日本で再就職。
将来は教育系ソリューションで
新規事業を手掛けてみたい。

※Twitter連携してます。
 ブログ更新履歴は
@ho_okがつぶやきます。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
FC2カウンター
Thank you for your access.
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。