スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【滞在319日目】長文注意。先月の記録。

あけまして、おめでとうございます!

…なんか、日本のクリスマスはロマンチックなイベントで、お正月は厳かで
伝統的なイベントで…寒い季節に人と寄り集まって過ごす時間…ってイメージ
だったんですけども。こちらは季節が正反対なら文化も正反対で。

空に落書き
ニューイヤーイブの夕方に、ふと見上げたらセスナっぽい飛行機が飛んでいて、
こんなことになってました。スマイルマーク?
クリスマスもニューイヤーイブも、こちらではみんなで集まって、
バカみたいにはしゃぎ騒いで過ごすお祭り、って感じです。真夏なので。
ドコのパブでも、時には民家でさえも、PAのウーファーは重低音をまき散らし、
普段からハイテンションなオージーたちはさらにテンションを高めて、
レディ・ガガにあわせて歌い踊り狂ってる、そんな異常な季節です(笑)

日本では正月にしめ縄をいたるところに飾りますが、こちらは同様に
クリスマスデコレーションです。特に車は、トナカイの赤鼻なのか、丸くて
赤いボールみたいなのをトップに、ぬいぐるみでできた角を両サイドの
ウィンドウにくっつけてる様が、妙に可愛らしかったです。

また、ドコのスーパーにもクリスマス専用のコーナーができていて、
子どもにあげるプレゼントを選んでいると思しき夫婦連れの姿を、たくさん
見かけました。日本でもプレゼントはあげるけど、そうやって両親が子どもに
あげるものを考えて、楽しそうに悩んでる姿というのは、あまり見たことが
ありませんでした。

さて、そんな季節を尻目に自分はというと、今月にしてたことと言えば。

・ノートPCが逝ってしまわれたので、お葬式…ではなくて後継機選び。

 →元からそろそろ買い替え時だな、とは思っていたので、ここ数年はノートPCが
  中心の生活になりそうだから、ハイエンドモバイルなvaio Z あたりが
  いいかなー、なんて、一時帰国したときに呑気に考えてたのが甘かった。
  どうせ買うならBlu-ray 内蔵にしたかったのでソニーストアで見積もったら
  (自分的最小構成は)¥300k!?高ぇよ!!
  今は無職だし、一気に¥300kオーダーの出費はイタいな…と思って、
  とりあえずは1/10の¥30kオーダーで済むネットブックにして
  一時しのぎとしようか、迷いに迷ったんですけどね。

  今まで使っていたvaio を買ったとき、やはり数年は使うことになるから
  多少出費がかさんでもいいモノを買おう、と思って、当時できるだけの
  ハイスペックで選んだんですよね。その結果、現在¥30kオーダーで買える
  ネットブックの性能は、処理性能、バッテリ持続時間共に5年前のハイスペックを
  大きく下回っていたんです。仮に倍の¥60kで買ってさえも、追いつかない。
  性能が悪くても安いのがいい、というニーズがあるのは知ってましたが、
  そこまで低スペックだったとは正直驚きでした…。
  いくら安いとはいえ、さすがに5年前以下のレベルのモノに数万円の出費をする
  気には、どうしてもなれませんでした。

  そうして迷っているうち、そういえば今はMac でもBootcamp 使えばWindows
  動かせるんじゃね?と、ハタと思い至り、ドコの電気屋に行っても誇らしげに鎮座
  してる、極薄のMacBook Air が俄然ターゲットと相成ったのでありました。
  これなら、現状のvaio より薄くて軽くなる分メイン使いを考慮して画面を大きくでき、
  バッテリ持続時間も今より伸びて、当然処理性能も今よりよくなる、しかも価格も
  手頃と来てる!どうせWindows 入れるなら外付けドライブ必須だから、それを
  Blu-ray にしちゃえば自分の望みは全部叶う!って訳で決定。

  最初に考えてたvaio Z は、今まで使ってたvaio とほぼ同サイズ・重量に現状の
  デスクトップ機並みの性能を詰め込んだ代物でした。そのためBlu-ray ドライブを
  選択すると、どうもそのドライブが汎用品じゃなくvaio Z 用の特注品らしく、
  ドライブだけで¥70k!汎用のモノは¥10k台からあるというのに!
  さすがに今その出費はできないなぁ、と思っていたところに見つけたMacBook Air は
  ちょうどいい落としどころだったのでした。
  Windows 7 の入ったMacBook Air、また5年は使い続けたいなぁ。
  ちなみに、ここまでで1週間悩みました。ヒマ人?えぇ、そうですとも。

・買うものを決めたはいいが、支払いの方法でまた悩む

 →日本のオンラインストアで買うか、オーストラリアで買うか。
  それはつまるところ、決済を日本の口座で行うか、オーストラリアの口座で行うか、
  という問題に行き着くのでした。
  日本の口座の残高は、いずれ帰国したときのことを考えて減らしたくない。
  できることなら、ミートファクトリーで働いて貯まった貯金から支払いたい。
  でも、考えてみたらこっちの口座を作ったときにクレジットカードを作ってなくて、
  しかも今は無職だからカード作ろうにも作れない!しまったー!
  こっちの生活ではデビットが使えるから今までまったく不自由しなかったけど、
  ネット通販で使うならクレジットカードは必要。デビットも一度の決済限度額は
  $1000だから、こっちで買うにも$2000を現ナマで出さなきゃいけない…。
  こんなに早くvaio がご臨終とは考えてなかったので、色々不都合出まくりでした。

  結局、円高なこともあって買うものは日本で買った方が安いし、Blu-ray ドライブも
  探したけどオーストラリアでは売ってない。口座残高の問題は、海外送金サービスで
  両替して日本の口座に送金すればなんとかなるかぁ…と思って、必要なモノは全部
  日本のネット通販で、今まで通り日本のクレジットカードで買うことにしました。
  海外発送は、転送コムというサービスでそれなりの送料はかかるけど、円高差益分で
  相殺してトントンくらいのレベル(になるはず)でした。

・海外送金の方法を調べた

 →海外送金を完了するまでには、実に多くのプロセスが必要なことを知りました。
  まずは現地通貨→円の両替から始まり、送金をする業者の口座に入金、中継銀行への
  転送、さらに自分の口座に送金…などなど。そのほとんどのプロセスで手数料が発生し、
  自分の口座で受け取るだけでさえ、着金手数料が取られる始末。

  で、色々な業者が色々な謳い文句で、両替やら送金やらのサービスを提供してるけど、
  よく気をつけないといけないのは、そのサービス範囲が各々微妙に違ってたりすること。
  手数料なしを売りにしてるところは、結局両替レートが悪くてそこに手数料込みなのが
  見え見えだし、レートのよさを売りにしてるところは逆にサービス範囲が限られてて、
  ことあるごとに手数料を各銀行に取られる。それぞれのサービスを使ったときの総額を
  自分で計算して比較しないと最適解は分からないし、送金額やレートの変動によっても
  最適解は変化する。パラメータが多すぎるので、結局まずはやってみないと分からない、
  ってことになるらしい。面倒くさいから、手数料掛かったりレートが悪くても簡単に
  済ませられるのが売りの、送金手続き代行サービス、みたいなのもあるようでした。
  ちなみに自分の場合、¥300k程度の送金ならカレンシーオンラインで両替・送金し、
  日本の口座で着金手数料を払うのが一番良さそうでした。面倒くさいけど。

・ケータイもそろそろ契約満了

 →今オーストラリアで使ってるニッテルの携帯は、元々1年のみの契約でした。
  使ってる機種もNokia の古ーいタイプだし、音声通話用とデータ通信用に
  2回線契約になってしまってるのも煩わしい。日本でもMNP はできるようになったけど、
  こちらでも前から同番移行はできるっぽいので、キャリア変更を検討中。
  日本から持ってきたスマホ、T-01A がSIMロック解除できて、こっちのSIMを使えたら
  良かったんだけど、それもできずじまい。
  将来的な引っ越しとADSL の契約も考えて、ホームフォンとのセット割引がある業者が
  いいですね。今はAndroid が載ったモトローラのMilestone2 という機種がいいなーと
  思っているので、そうなるとキャリアは今まで通りOptus 一択となるんですが。
  あれ?確かにニッテルのMVNOを通してはいるけど、Optus はOptus だから同番移行
  とかの扱いってどうなるんだろう?Optus 視点では単にプラン変更+機種変更なだけに
  なるんじゃなかろうか?まぁ、まだ今月いっぱい残ってるので、問い合わせてみます。

・じゃあ、自分はいったいいつまでここにいるんだ?日本に帰るの?

 →こうして生活に関わる色んなことを考えていると、結局自分がこの先どうするのか、
  このままオーストラリアにいるのか帰国するのか、っていうことが問われてきます。
  例えば携帯のプランにしても、日本と同様2年契約をすることで、最新機種が
  実質$0、というような提供のされ方をしています。
  BYO(Bring Your Own : 自前の機種持ち込み)よりは、2年契約できるなら当然
  そちらの方が得なので、自分にも先の質問が跳ね返ってくることになる訳です。
  日本の口座に残高を残しておくことについても、今トランクルームとDocomo回線の
  契約があって支払いを継続してることとか、近い将来の帰国を考えるから必要になるので
  あって、特にトランクルームは継続するか中身の処分+解約をするかどうか、考えた方が
  よくないか?という疑問もあるんですよね。年額で¥80kくらいしてるので。

  なので、自分はどうしたい?って改めて自分に問いかけてみました。  
  で、今出てきた答えはやっぱり「もっとこっちにいたい。」
  とりあえず1年、って思ってまずは日本を出てきたものの、やっぱりたった1年で
  終わらせてしまうには、あまりにも惜しい。できることなら、もっと海外にいたい、って
  いうかこのままずっと海外にいたい。セカンドワーホリビザで最低あと1年はいられる
  けど、この1年があっという間だったんだから、もう1年だってきっとあっという間だ。
  
・ここにいて何をするの?

 →もちろん仕事。
  一時帰国した時やシドニー生活開始当初は、どうせセカンド取ったし、2~3ヶ月くらい
  バイトでもしながら、先のことを考えようかな~なんて思ってましたが、やめました。
  今は、バイトなんて無駄なことに時間を使う気はまったくなくなりました。
  実は今こっちでの就職を考えていて、既に1社自分で応募済み+転職エージェントに登録
  したので来週面接、というステータスです。再びSEとして、ね。
  セカンドワーホリビザであと1年いられるということは、雇用先の企業にとっても、
  1年間はビザスポンサーにならずとも雇用できるということ。ワーホリビザは同じ雇用先
  では最大半年しか働けないけど、所属さえ変わればいいみたいなので、たぶん大丈夫。
  最初半年は派遣扱いで、もう半年を正社員で、という紹介予定派遣みたいなこともできる
  だろうし。ビザの期間が多く残っているうちに動いた方が有利そうだし、何より
  仕事中毒のこの男には、早くも禁断症状が現れだしている模様ですよ。

という訳で、こんなのが先月、ブログ更新できない間にしていたこと、その1です。
はい。まだあります。続きます。何しろヒマでしたから、色んなことを考えてましたです。
新しいMac で、新年早々快調にお送りしますよー。
スポンサーサイト

■ Comment

非公開コメント

プロフィール

T.Satoh

Author:T.Satoh


Tインフラ系エンジニア。
2年間のオーストラリアワーホリで
海外就労を経験後、日本で再就職。
将来は教育系ソリューションで
新規事業を手掛けてみたい。

※Twitter連携してます。
 ブログ更新履歴は
@ho_okがつぶやきます。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
FC2カウンター
Thank you for your access.
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。