スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【帰国10日目】学校とクラウド

明日、↓に行ってみようと思ってます。

クラウドコンピューティング キャリアアップフォーラム
http://career.nikkei.co.jp/contents/forum/cloud/

教育×クラウド、今思いつくのはe-ラーニングのような教育コンテンツを
SaaS的に児童・生徒に利用させる手法とかかな…ありきたりだけど。
商売としては生徒一人当たりいくら、ってパッケージングがいいんだろうか?
でももし学校相手に商売するんだと、財源は税金だから、営業的にどんな
アプローチの仕方が有効なのかいまいち見当がつかないなぁ。

でも、どの学校のどの生徒にも自分用のワークステーションがあって、
どの科目の課題もそれ経由でこなせるようになったら、いいだろうなぁ。
あ、今はもう固定のワークステーションである必要もないか。
単にシステムへの入り口、インターフェイスがありさえすればいいんだし。
例えばiPadのような。

学校に来れない子だって、自宅からネット経由で、学校で使うのと同じ環境に
ログインできたら、本人にやる気さえあれば勉強が遅れる心配も少なくなる。
職場がテレワーク化していくのと同じように、学校もテレスタディ?化して
いくことになるんだろうなぁ、将来的には。
そのときに、先生や保護者たち(もちろん当の子どもも!)は動いている
システムの実体を意識しなくて済むのがクラウドの技術、ということ。

そうした革命が起きれば、学校の学校としての本質が問われ、これまでIT化
されてきた他の分野と同じように、人間が人間でなくてはならない理由が、
人間の本質、イデアが問われることになるのだ。
スポンサーサイト

■ Comment

非公開コメント

プロフィール

T.Satoh

Author:T.Satoh


Tインフラ系エンジニア。
2年間のオーストラリアワーホリで
海外就労を経験後、日本で再就職。
将来は教育系ソリューションで
新規事業を手掛けてみたい。

※Twitter連携してます。
 ブログ更新履歴は
@ho_okがつぶやきます。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
FC2カウンター
Thank you for your access.
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。